2022.6.12 礼拝メッセージ

先週は、使徒の働き10章のみことばでもって、ペンテコステの礼拝を捧げました。今日は、再び、マルコの福音書に戻り、十字架上のイエスさまが、自らのいのちを捧げ尽くされた場面を味わいます。イエスさまが大声で叫ばれた「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という悲痛なおことばは、私たちの心に何を語りかけるのでしょうか? 今日は、主の御前で嘆いてもいい、絶望してもいい、ということについてお話しします。

投稿者: kamibap

埼玉県ふじみ野市にあるプロテスタント福音派のキリスト教会です。1971年にこの地に建てられてから場所はずっと一緒。変わりゆく街並みを見ながら、変わらないイエス・キリストの福音を伝え続けております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。