2022.4.10 礼拝メッセージ

今日のみことばは、イエスさまが敵対者たちから捕らえられる場面です。「ゲツセマネの祈り」でもって備え、これから起こることを神のみこころとして受け留めていたイエスさまと、祈りでもって備えられていない弟子たちの振る舞いは実に対照的でした。捕らえられたのはイエスさまでしたが、その場を支配していたのはイエスさまであり、救われた私たちにとりましては、私たちの方がキリストに捕らえられていると感じさせる場面です。

2022.4.3 礼拝メッセージ

今日のみことばは、イエスさまの「ゲツセマネの祈り」の場面です。十字架へと向かう決断をするために、また、父なる神さまから切り離されなけばならないという「死の杯」を飲む決断をするために、イエスさまは人々に捕らえられる直前、ゲツセマネの園で壮絶な祈りの戦いを繰り広げます。3時間を越える祈りの中、イエスさまは、父なる神さまの「沈黙」の中に神のみこころを見いだし、自ら、裏切る者たちの方へと向かいます。

2022.3.27 礼拝メッセージ

今日のみことばでは、「つまずき」について考えます。イエスさまにつまずくとき・みことばにつまずくときに、私たちの心の中にある思いがあらわにあらわにされます。そのような時こそ、私たちがそれまで捕らわれてきた「古い自分の価値観」を手放すチャンスであることを、今日のみことばを通して考え・味わうことができたらと思います。

2022.3.20 礼拝メッセージ

今日のみことばは「最後の晩餐」の後半部分です。「過越の食事」はユダヤ人たちが出エジプトの出来事を祝う、毎年行われる食事。イエスさまは、そこで食べるパン、そしてそこで飲むぶどう液に「新しい意味」を付け加えました。今、私たちはコロナの影響で聖餐式を自粛しておりますが、イエスさまの食卓は年に一度のものでもなければ、月に一度のものでもありません。日々の食卓こそが主の恵みを味わうひと時かもしれませんね。

2022.3.13 礼拝メッセージ

今日のみことばは、「最後の晩餐」の前半部分です。「過越の食事」の場面でイエスさまは「弟子たちの中の一人が自分のことを裏切る」と言われます。神さまから心が離れてしまったその人物が自分の罪を認め、悔い改めることを願われるイエスさま。私たちはユダのことを「裏切り者」と責めることができるのでしょうか?