2022.1.16 礼拝メッセージ

今日のみことばは、律法学者たちが教えるメシア(救い主)と聖書が語るメシアの違いについて、イエスさまは当事者ではなく第三者的に、エルサレムの群衆たちに、そして今を生きる私たちに問いかけた場面です。私たちにとってキリストとは誰なのでしょうか? キリストとはどういうお方なのでしょうか?

2022.1.9 礼拝メッセージ

今日のみことばは、イエスさまと一人の律法学者が、心と心の通い合う対話をした場面です。イエスさまのおことばに共感したこの聴く耳みのある律法学者は、イエスさまから「あなたは神の国から遠くない」と言われたところで今日のみことばは終わります。この人はこのあとどうしたのでしょうかね?

2022.1.2 礼拝メッセージ

2022年の最初の聖日礼拝。今日から、昨年のアドベント前に味わっていたマルコの福音書に戻ります。今日のみことばは、「復活はない」と主張するサドカイ人とイエスさまがぶつかった場面です。みことばを悪用するサドカイ人たちに対し、イエスさまはみことばそのものでもって神のことばの力強さをサドカイ人たちに、そして今を生きる私たちに語りかけます。

2021.12.26 礼拝メッセージ

今日は2021年の最後の礼拝。今日のみことばは、アドベントの期間、そしてクリスマス礼拝、イブ礼拝に続く場面です。御使いがマリアに告げた通りに、マリアとヨセフは幼子に「イエス」という名をつけ、二人がエルサレムの神殿で神の御前にイエスさまを捧げたことについてお話してます。

2021.12.24 クリスマス・イブ礼拝

今日は2021年のクリスマス・イブ礼拝です。今日のみことばは、アドベントの期間に味わったみことばを振り返りつつ、天の御使いからマリアが聴いたおことばが「実現する神のおことば」であったこと、そしてマリアが自らの神体験をすべて心に納め、思いをめぐらしていたことについてお話してます。